お洒落なお部屋作りにはインテリアテイストをまず知ること!

お洒落なインテリアって難しいですよね?インテリアを成功させるためにはまずはインテリアのテイストを知ることから始める必要があります。

自分が好きなインテリアテイストであれば、その空間にいるだけで幸せな気持ちにもなります。

どんな種類があって、どんなインテリアなら真似しやすいのか、オシャレなお部屋の参考にしてください。

気になるインテリアテイストがあったら詳細リンクからさらに詳しいインテリアの紹介ページにいけます。



北欧インテリア

根強い人気の北欧インテリアは、雪国で外出できなくても家の中で楽しく快適に過ごすことができるという面から発展したインテリアスタイルです。

そんな家の中で過ごすことの方が良いと感じられるインテリアは、白を部屋全体の基調としながら、アクセントで黄色や青色などを使い心を楽しくさせてくれるインテリアです。

北欧インテリアには多くの有名家具デザイナーがおり、そういったデザイナーズ家具を取り入れることで、北欧インテリアらしい独特な雰囲気を手軽に取り入れられるのも魅力ではないでしょうか。

北欧デザイナーズ家具ではハンス・ウェグナーのYチェアなどが有名ですね。

モダンインテリア

モダンインテリアは無駄な装飾を省いた機能美を追求したインテリアスタイルです。洗練された印象を与えることができる白黒やグレーなどのモノトーンコーディネートもその理由です。そのシンプルな機能美は都会的な印象を与えてくれるため、プライベートでもオフィシャルでも使えるインテリアでもあります。

ハワイインテリア

ハワイインテリアはリゾートスタイルの一種で、南国的要素を取り入れたインテリアスタイルです。

白色を基調としたビーチスタイルハワイアンからカラフルな配色を使ったスタイル、茶系配色をメインにしたヴィンテージハワイインテリアなど実は多岐にわたるインテリアスタイルでもあります。

どんなスタイルがあるのか下の記事からチェックしてみてください。

スポンサードリンク



カリフォルニアインテリア

コチラもビーチスタイルの一種で、アメリカ西海岸、特にカリフォルニア東部、南西部の沿岸部を差すことが多いです。

ビーチスタイルの中でも少し都会的でリラックスできる雰囲気が特徴です。また、日本ではサーフボードを取り入れたカリフォルニアインテリアが特に人気です。

インダストリアルインテリア

インダストリアルインテリアは無骨でハード系なインテリアなインテリアです。

インダストリアルとは工業的なデザインをさしており、アイアンやを使ったインテリアやどこか工場のようなハードなインテリアの雰囲気を持っています。

ブルックリンインテリア

ブルックリンインテリアはインダストリアルインテリアにとてもよく似ていますが、ニューヨークのブルックリンで発生したインテリアで、ブルックリンの工業地帯に住むアーティストが作り上げたインテリアスタイルともいわれており、工業地帯らしいタイル(レンガ)壁などのハードな空間にアーティスティックなデザイン性の高い家具などでコーディネートしているのがポイントです。

フレンチカントリーインテリア

南フランスのプロヴァンス地方をイメージしたインテリアスタイルです。

白の漆喰壁や木目が美しいオイルフィニッシュ仕上げの家具など、素材感を楽しめます。ホワイト系の室内にフランスアンティーク家具が生えるインテリアです。

シャビーシック

シャビーシックインテリアは女性に人気のインテリアです。

「シャビーシック」とは古めかしいの意味があり、アンティークのような良き味わいの中に女性的で上品さを感じられるインテリアスタイルです。

ヨーロッパの田舎町の家の雰囲気ですが、家具はフレンチアンティークのような洗練されたデザインが多く、そういったところが上品さを引き出してるポイントでもあります。

ラスティックインテリア

ラスティックとはラスティックウェディングなどにも使われるように自然をキーワードに素朴で温かみのある事をさします。

ラスティックインテリアでもペイント(塗装)は避け素材本来の味わいを大事にしたインテリアです。カラーもアースカラーを中心にナチュラルな印象が特徴てきです。

スポンサードリンク



モロッカンインテリア

モロッカンインテリアはエキゾチックで色彩豊かな色使いが特徴的なインテリアスタイルです。イスラム文化特有の幾何学模様やトレリスなどの柄を使用したり、タイルを多く使用しているのも特徴の1つです。

特徴が強いインテリアの為、白色ベースの室内にポイントとして使われるケースも多いお洒落なインテリアスタイルです。

アンティークインテリア

アンティークインテリアは100年以上前に職人によって作りあげられた家具からコーディネートするインテリアをさしますが、実際には高額になりすぎるため、アンティーク調などを上手に取り入れることで、その雰囲気を楽しむことができます。

アンティーク家具をその雰囲気からも、部屋を選ぶ家具ともいえます。部屋全体の雰囲気と家具の雰囲気をマッチさせることで最大限の魅力を発揮することができます。

コースタルインテリア

コースタルとは海岸を意味する英語で、コースタルインテリアはビーチスタイルインテリアの中でも上品な印象のインテリアと言えます。

ビーチスタイルが好きだけど、カジュアルな雰囲気にはしたくない大人なインテリアスタイルです。

デンマークインテリア

デンマークインテリアは北欧インテリアの中でも特にデザイナーズ家具に恵まれています。ハンス・ウェグナーやヤコブセン、フィン・ユールなど家具を見れば一度は見たことがあるとなるものばかりです。

そんなデンマークインテリアは北欧インテリア同様、白を基調とした空間にデザイン性の高い家具をコーディネートするわけですが、特筆して北欧インテリア中でデザイン性の高さを感じやすいインテリアスタイルです。

まとめ

すきなインテリアテイストは見つかりましたでしょうか?部屋づくりで大前提になることは自分の好きなインテリアであることです。今回の記事で好きなインテリアテイストが見つかったら今度はそのインテリアテイストをどう取り入れるか考えてみましょう。

スポンサードリンク





-インテリア

みんなが読んでる人気の記事