【フレンチカントリーインテリア】海外を参考にコーディネートのコツをご紹介

2018/08/29

「フレンチカントリーインテリア」を海外写真を参考にご紹介します。

一昔前はカントリースタイルと言えばアメリカンカントリーが主流でしたが、今はカントリーとひとくちに言っても様々なスタイルがあります。

最近人気のシャビーシックと雰囲気は似ていますが、田舎的な風合いがシャビーの古めかしいイメージと合致するからかもしれません。

また、ラスティックも田舎風と意味合いが同じですが、ラスティックはより素朴で自然を生かしたイメージですね。今回はフレンチカントリーの中でも前述のふたつとの違いが分かりやすい、フェミニンなものをご紹介していきたいと思います。
スポンサードリンク



1.フレンチカントリーインテリアとは

時代背景をしるとフレンチカントリーのイメージが掴めてくるはずです。

フレンチカントリーとは南フランスのプロヴァンス地方の田舎町をイメージしたスタイルです。

外壁や部屋などを白の漆喰塗りで仕上げていたりする印象があります。プロヴァンス地方の土壌は地中海盆地周辺でよく見受けられる石灰岩質のものであったためかもしれません。

家具や建具などの木材はオイルフィニッシュであったり、白や淡い色味に塗装されていることが多くあります。

外観内観ともに、絵本に登場しそうなロマンティックなスタイルです。庭にはジュニパーなど低木の灌木や薮、石灰岩質に耐えられるラベンダーやセージ、ローズマリーなどのハーブを植えることでプロヴァンスらしい雰囲気を演出してくれます。

本場フランスのフレンチカントリーよりも、日本で定着しているデザインはアメリカで提唱されているフレンチカントリーの雰囲気に近しいものがあるので、そちらを参考にするのも良いと思います。

2.フレンチカントリーインテリアで取り入れるポイント

フレンチカントリーな部屋にするにはいくつかのポイントがあります。

  1. ベースはホワイト系のカラー
  2. 自然素材のテキスタル
  3. アンティーク調の家具

この3つを抑えることで、比較的簡単にフレンチカントリースタイルのインテリアに近づくことができます。

ベースはホワイト系のカラー

基調となるベースカラーは白、もしくは薄く色づいている程度のホワイト系の色を使用します。もともと南フランスでは壁に漆喰を使っている家が多く、その雰囲気と調和させる為に白をベースにする傾向があります。

アクセントカラーなど主張の強い色も控えた方が良いでしょう。組み合わせやすいのは白、可愛さを強く出したい場合は水色やピンクなどの薄いカラー、少しシックに抑えたい場合はごく薄いグレーなどの色味がおすすめです。

床材はフローリングなどの木材でも構いません。可能であればホワイトウッドから選ばれると雰囲気作りがしやすくなります。

また、床材に重厚感のある色をお使いの部屋であればラグなどを使用しても良いので気軽にチャレンジしてみてください。

自然素材のテキスタル

フレンチカントリーの優しい雰囲気をファブリックの質感でも表すことができます。

ソファなどはアンティークな印象が出せるので、ベロアなど多少重厚感のあるテキスタルでも良いのですが、カーテンやベッドリネン、クッションなどは柔らかく軽めの生地の方が良いでしょう。

特におすすめなのは、リネンや綿などの自然素材のテキスタルです。

柄を取り入れたい方は部屋とトーンを合わせた薄めの色がおすすめです。

柄ものを取り入れるとよりフェミニンな雰囲気にすることができます。小花柄などの自然をモチーフにしたものやギンガムチェックであればベージュや薄い水色などで取り入れれば空間にマッチするかと思います。

アンティーク調の家具

丸みを帯びた家具やアンティーク調の家具ととても相性が良いフレンチカントリー。

モダンなものやアーバンなものは避けましょう。無機質でクールな印象のものよりも、温かみのある木製のものがベターです。

ダイニングテーブルや椅子などは、材質を生かしたオイルフィニッシュのものや白系の柔らかい色味で塗装したものなどがよく用いられています。

少し簡素なものを選ぶとカントリーらしさが強く、重厚感あるアンティークなものを選ぶとシックで落ち着いた印象を作ることができます。前者であればチョークペイントなどの塗料で塗って、より空間に合うものをDIYするのも楽しいですね。

3.部屋別フレンチカントリースタイル海外インテリア実例

続いて海外のフレンチカントリーなインテリアをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク



一人暮らし

重厚感が少なく、ライトなインテリアスタイルだからこそ、一人暮らしにおすすめしたいのがフレンチカントリースタイルです。

白でまとめた自然素材の家具や雑貨は、狭い部屋でも広く感じやすいインテリアなので、女性の一人暮らしにもオススメです。

ベッドルーム

フランス映画の主人公になったような気持ちにさせてくれるお部屋は、気持ちよく目覚めることができそうです。

キッチン

フレンチカントリー調のキッチンは根強い人気があります。女性らしい柔らかな色使いと家庭らしい温かみが食卓を連想させるのかもしれません。

人気がある分、食器棚や雑貨などもたくさん販売されており、ご自身でコーディネートしやすい点も利点です。お好みのテキスタルで簡単にできるカフェカーテンなどをDIYして組み合わせるのもおすすめです。

子ども部屋

柔らかい、優しい印象のフレンチカントリースタイルのインテリアは子ども部屋との相性も抜群です。

フレンチカントリースタイルインテリア まとめ

フレンチカントリースタイルは白色にすること、自然素材を使うこと、アンティーク家具を使うことで、比較的簡単に取り入れることのできるインテリアです。

その優しいインテリアを是非取り入れてみてはいかがでしょうか?
スポンサードリンク



-インテリア

みんなが読んでる人気の記事