【オシャレな寝室インテリア】安眠できるインテリアコーディネート方法

寝室のインテリアは良い睡眠を促すコーディネートであることが前提条件にあります。

その上でどういったインテリアコーディネートが寝室には良いか考えてみましょう。

スポンサードリンク



寝室インテリアをコーディネートするうえで重要な事

寝室のインテリアをコーディネートするうえで重要な事が下記の4つです。

  • 良い睡眠を促すインテリア
  • 寝室で使う家具を考える事
  • インテリアのテイスト別のデザインを知る事
  • 寝室ならではのインテリアコーディネート方法

この4つを考える事で、最適な寝室のインテリアを作ることができます。

良い睡眠を促す寝室のインテリア

では、良い睡眠を促すためにはどんなインテリアにすれば良いのでしょうか?

大切なことは下記の3つ。

  • 色の効果と色の数
  • 落ち着いた照明
  • 静かな環境(静かな音)

それぞれ具体的にどんな効果があるのか、どんなインテリアにすればよいか見ていきましょう。

色の効果と色の数

寝室で使うおススメしたい色は3つ。

  • 青色
  • 茶色
  • 緑色

この3つはどれもリラックス効果を持った色なので、寝室のインテリアにはピッタリの色です。

ただし、色の数は2つ多くても3つおさえた方が騒がしくない寝室インテリアにすることができます。

騒がしいインテリアになると落ち着て寝る事もできなくなりそうです。

では、寝室の色別の効果を見ていきましょう。

青色

青色にはリラックス効果や睡眠導入を促す効果があるとされています。

血圧を下げる効果や清潔感のある色というイメージから心と体を落ち着かせる働きがあると思われます。

ただ、色の効果として体温を下げる効果があるとされているので、冬には少し寒いイメージを持ってしまう可能性も覚えておいた方が良いでしょう。

茶色

茶色は温かみを感じさせる色で、緊張をほぐしてくれる効果があります。

大人っぽい印象の寝室にしたい方にはもちろんのこと、安心感を感じる色なので小さい子どもなど万人におすすめの色です。

緑色

緑色には癒し効果はもちろん、疲れた目を休ませる効果があるとされています。

勉強で疲れた子どもがそのまま寝る勉強部屋などにもピッタリかもしれません。

いわゆるアースカラーと呼ばれるこれらの色はみな心理的に落ち着ける効果が多く、リラックスした状態でいたい寝室にはピッタリの色と言えます。

オススメした3色は明るめの色から濃い色までそれぞれに効果があるので、自分に合った色を選んでみるのも良いと思います。

◆併せて読みたい寝室のアクセスクロスの選び方

【寝室に使いたいアクセントクロス】寝室に合う壁紙の色は?

落ち着いた照明

寝室の照明はリビングなどとは違い明るさ優先の照明ではいけません。

睡眠誘導に最適な照明を選ぶことで、ぐっすりと寝ることができます。寝室に入った時点から良い睡眠をとるための時間は始まっています。

具体的には「間接照明」と「多灯照明」の組み合わせが有効的です。

直接光は目への刺激が強く、交感神経が優位になってしまい、脳が活動的な状態になってしまいます。

間接照明は光が壁などに反射して目に入る優しい光の為、副交感神経が優位になりやすくリラックスした状態になる事ができます。

ただどうしても、間接照明を一つ導入しても寝室全体は暗いままなので、間接照明を複数導入する多灯照明にすると良いでしょう。

部屋全体で間接照明をコーディネートすると、寝室全体の雰囲気も良く、1ランク上のインテリアになったような感覚にもなってくれます。

静かな環境(静かな音)

家自体の構造や仕上げ材、断熱材によっても大きく左右されてしまいますが、防音カーテンを導入するだけでもある程度効果を感じることができるはずです。

静かに寝ているときに、外からの車の音などで起きてしまうとせっかくの熟睡も台無しです。

寝室で使うインテリア家具

寝室でよく使われる家具の種類は

  • ベッド
  • ベッド用照明
  • サイドテーブル
  • ミニデスク
  • ミニチェスト

ほとんどの方がベッドを必要とされると思いますが、できればそれにプラスしてベッド用照明をプラスしたコーディネートをして欲しいです。

それ以外のサイドテーブルやデスク、ミニチェストは必要であればで問題ありません。

まずは、ベッドとベッド用照明(間接照明)を使ったコーディネート方法を見ていきましょう。

スポンサードリンク



寝室のコーディネート方法

寝室で非常に重要になってくるのがベッドの向きです。

ここで言うベッドの向きとは東西南北のことではなく、窓に対しての向きです。

ちなみに嫌われがちな北向きのベッドは意外と悪くなく、地球の北向きに流れる磁気を考えると身体の血流を良くしてくれる可能性があったり、風水はあまり詳しくはありませんが、子宝や夫婦円満という話も聞きます。

なので東西南北はそこまで気にせずにレイアウトすれば大丈夫です。

話は戻って、寝室のベッドの向きを考えるときは、窓に対してベッドの頭をもって来ると熟睡を妨げる可能性があります。

窓からは微量なり冷気が流れてくるため、身体を冷やしてしまい熟睡を妨げしまったり、体調を崩しやすくする原因にもなります。

また、起きる時間帯によっては日差しで起きてしまい、睡眠時間の確保ができない方もいます。

そのため、ベッドの頭はできるだけ窓に近くない場所に設置するよう気を付けましょう。

基本的には、窓側にベッドの頭をもってこなければよいのですが、ベッドのサイドと足元の通路を60センチ以上確保する必要があります。

ベッドの配置が決まったら、出来ればそこにナイトテーブルを置き、その上に間接照明を取り付けるとリラックスできる照明コーディネートするといいでしょう。

ベッドをくっつけて使う場合は、ベッドの両サイドにナイトテーブルを置き間接照明を設置しましょう。

ベッドをそれぞれ独立してコーディネートする場合は間にナイトテーブルを置き、間接照明を設けます。

物を置くスペースが少ない寝室ではナイトテーブルを置くと、スマホや寝る前の本などを置くなど使い勝手がとてもよくなります。

寝室が狭い場合のレイアウト方法

寝室が狭い場合は、家具全体の高さを低くすることが鉄則ですが、寝室の場合ではローベッドにすることで、その効果が発揮されます。

ただ、気を付けなければならない点として、ローベッドにするなら、それ以外の家具もロータイプにすることです。

ベッドが低いのにハイチェストがあったりするとアンバランスな部屋になってしまいますからね。

ローベッドは、狭い部屋でも圧迫感なく使える点や、ベッドの周りを歩きやすいメリットがあります。

ちなみにハイベッドのメリットは、高級感が出しやすい点や、ベッドからの座りやすい立ちやすいがあげられます。

寝室ならではのインテリア、ベッドボードを楽しむ

ベッドボード一つで寝室の雰囲気が大きく変わるので、寝室においてのベッドボード選びはとても重要です。

木のベッドボードや写真のようなファブリックのベッドボードなどその素材感やデザインで好みに合ったインテリアに仕上げることができます。

もともとベッドボードが付いてないベッドの場合は、壁とベッドの間に挟み込むだけで、即席のベッドボードを取り付けることができます。

むしろ、季節や時期によってベッドボードを気軽に取り換えられるので、なやんだらベッドボード無しという選択肢もありかもしれません。

スポンサードリンク



テイスト別、寝室インテリア

寝室のインテリアテイストを決めるときは、自分の好みはもちろん、清潔感や落ち着き感など自分がそこにいて落ち着いた気持ちになれるか考えながら決めることが大切です。

インテリアテイスト別に寝室インテリアをご紹介するので、そこで落ち着いて寝られるか考えながら見ていきましょう。

モダンインテリアの寝室

清潔感を感じやすいモダンインテリアは寝室にも最適なインテリアスタイルですね。

ホテルのような雰囲気のインテリアにしやすく、安心した眠りをつくれそうです。

ナチュラルモダンの寝室

モダンスタイルに無垢の木材などの素材感を生かしたインテリアスタイルのナチュラルモダン。

自然素材は心理的に落ち着ける効果を持っているので、安眠しやすい空間がつくれます

トラディショナルスタイルの寝室

トラディショナルインテリアは落ち着いた雰囲気を楽しめる寝室です。

コチラの事例は寝室におススメな青系の色を使ったインテリアで、格式の高さを感じつつも、質の高い睡眠もとれそうなインテリアになっています。

ホテルインテリアの寝室

優雅なホテルインテリアの寝室に憧れる方も多いと思います。

グレーやベージュを基調とするインテリアが多く、落ち着きのある雰囲気が素敵です。

トスピローと呼ばれる小さなクッションをいくつもベッドの上に並べるとホテルテイストなインテリアにぐっと近づきます。

リゾートホテルな寝室

茶系のアクセントカラーを多めに使ったリゾートホテルスタイルのインテリアは落ち着いた印象で寝室にもピッタリです。

写真のようにネイビーやマスタード色などの差し色をくわえると、平凡なインテリアにならずに楽しめそうです。

ナチュラルインテリアの寝室

ナチュラル系のインテリアは副交感神経が優位になりそうなリラックスした空間になりそうです。

柔らかい素材、優しい色のファブリックでさらにナチュラルな雰囲気になっています。

和インテリアの寝室

落ち着いた雰囲気の和インテリアは旅館にいるような気分でぐっすり寝られそうです。

家具自体も低いものが多いので、狭い部屋にもおいても圧迫感のないインテリアにもなりますね。

カントリーテイストの寝室

木材をふんだんに使った屋根は目を閉じるまでの間ずっと気持ちを癒してくれそうな雰囲気です。

グレイッシュな色を差し色に使うことで良い意味で引き締まった印象のカントリースタイルの寝室になっています。

ラスティックインテリアの寝室

自然素材をふんだんに使ったラスティックインテリアは気分を落ち着けてくれそうなインテリアです。

個性的な寝室が欲しい人にはオススメのインテリアです。

寝室インテリアコーディネートまとめ

寝室は人生の1/3を占める眠りをサポートする大切なお部屋です。

自分が本当に落ち着ける空間(インテリア)を探して、良い眠りをサポートしてください。

スポンサードリンク



◆併せて読みたい寝室インテリアの記事

【寝室に使いたいアクセントクロス】寝室に合う壁紙の色は?

-インテリア

みんなが読んでる人気の記事