【寝室の広さ】6畳では狭い?8畳以上がベスト?ベッドの大きさと寝室の広さで考える

1日の多くの時間を過ごす寝室、そんな寝室の最適な広さはどれくらいでしょう?

ベッドの大きさと過ごし方で寝室の最適なな広さは変わってきます。

また、寝室が何畳ならどれくらいのベッドが置けるのか逆算的にも考えてみましょう。

スポンサードリンク



ベッドの大きさと種類を確認しよう

主にベッドのサイズの種類は5つあります。まずはベッドの種類とその大きさを確認していきましょう。

ベッドサイズ 長さ
シングル 97cm 195cm
セミダブル 120cm
ダブル 140cm
クイーン 160cm

(80cm×2)

キング 180cm

(90cm×2)

一人暮らしやマンションの寝室などでよく取り入れられるベッドがシングルサイズです。シングルベッドはデザインの展開も多く一人用として人気のサイズです。

一人用の使用でも男性の方などで、広くゆったり眠りたい方にはシングルベッドよりセミダブルが好まれます。

ここから上のサイズは一般的に二人用とされるサイズです。ダブルはふたりが仰向けに横になるとちょうどぴったりくらいの大きさです。寝相も良く、二人くっついて寝たい人に向いているベッドサイズです。

ふたりでゆったりスペースを取って眠りたい場合にはクイーンサイズ以上が良いでしょう。寝返りをうっても相手を気にしなくていいのがこのサイズからになります。

キングサイズはシングルが二つ分だと思われがちですが、横幅180センチなので少しだけ小さいです。とはいえかなり余裕のあるサイズで子供とも一緒になるなどのシチュエーションが考えられる場合はキングサイズベッドがオススメです。

畳数別 置けるベッドの大きさからレイアウトを考える

寝室に必要なスペースを考えながら、畳数によってどんなベッドが置けるか考えていきましょう。

6畳の寝室

6畳の寝室は、2人が寝るだけであれば十分なスペースですが、かなり限定的なスペースになります。

ダブルベッドであれば小さい1Pソファくらいなら置けますが、それ以上のサイズのベッドではそれだけでお部屋いっぱいになってしまいます。

ベッドサイズ 6畳のお部屋に置ける? 他の家具は置ける?
シングル デスクor1Pソファorドレッサー
セミダブル デスクor1Pソファorドレッサー
ダブル 小さい1Pソファ
クイーン 置けない
キング ベッドだけでも少し狭い

7畳の寝室

7畳の寝室になるとぎりぎりクイーンサイズベッドでも他の家具を置けるか置けないかくらいの広さになりますが、家具を置きたいならダブルベッドまでにしましょう。

ただ、セミダブルサイズのベッドであれば広さに少し余裕ができますので、1.5Pサイズくらいのソファなら置くことができます。

ベッドサイズ 7畳のお部屋に置ける? 他の家具は置ける?
シングル デスクor1.5Pソファorドレッサー
セミダブル デスクor1.5Pソファorドレッサー
ダブル デスクor1Pソファorドレッサー
クイーン 置かない方がよい
キング 置けない

8畳の寝室

8畳の寝室になるとベッドを置いてもかなり色々な家具が置けるようになります。

一人暮らしの部屋と遜色ない広さなので、シングルベッドやセミダブルベッドであれば、置ける数は制限されますが、一人暮らしで使うような家具なら大概どんな種類でもおくことができます。

ベッドサイズ 8畳のお部屋に置ける? 他の家具は置ける?
シングル デスク、ソファ、ドレッサーで2種類くらい
セミダブル デスク、ソファ、ドレッサーで2種類くらい
ダブル デスクor1.5Pソファorドレッサー
クイーン デスクor1Pソファorドレッサー
キング デスクor1Pソファorドレッサー

10畳の寝室

10畳の寝室になるとかなり贅沢な広さになり、キングサイズのベッドでもいろいろな家具が置けるような広さになります。

ベッドサイズ 10畳のお部屋に置ける? 他の家具は置ける?
シングル デスク、ソファ、ドレッサーで3種類くらい
セミダブル デスク、ソファ、ドレッサーで3種類くらい
ダブル デスク、ソファ、ドレッサーで2種類くらい
クイーン デスクor1.5Pソファorドレッサー
キング デスクor1.5Pソファorドレッサー

スポンサードリンク



寝室に置くと便利な家具

寝室にベッドだけでなく、用途やコーディネートの観点からいろいろな家具を置きたい方も多くいらっしゃいます。寝室のコーディネートでよく使用される、おすすめの家具をいくつかご提案していきたいと思います。

ドレッサー

女性の憧れのひとつであるドレッサー。寝室で寝る前のパックやナイトパウダーを使われる方、朝寝室でスキンケア~メイクまでされる方にはあると便利な家具ですね。

また、女性らしく可愛らしいデザインのものが多い点も特徴です。全体の雰囲気を合わせつつ、アールヌーヴォーなドレッサーを置けばロマンチックな寝室に。その他、トラディショナルな雰囲気やホテルライクな雰囲気も演出しやすいアイテムです。

リラックスチェア

寝る前のちょっとした時間に、お酒を楽しんだり本を読んだりという時間を過ごしたい方におすすめの家具です。ご夫婦の寝室であれば、二脚セットのものを置いて統一感を出すのもお互いが好みのものをそれぞれに置くのも良いと思います。寝室は用途が限られるので置く家具も限定され、チェアのみを置くのであればバラバラのものであってもおしゃれにまとまりやすいかと思います。

サイドテーブル

ベッドの上でごろごろ、うとうととした時間を過ごすのが好きな方や、あまり大きな家具を置きたくない方にはサイドテーブルはいかがでしょうか。

寝る直前まで読んでいた本やスマホなどをそっと置けるサイドテーブルは機能性バッチリです。

ハンガーラック

寝る直前まで着ていた上着をサッとかけられるハンガーラックがあると寝るときにスムーズでとても役に立ちます。

チェスト

安眠するために整然としていたい寝室でも、収納が少ないとなかなか整理整頓ができません。

備え付けの収納がない場合は小さくてもチェストなどの収納を備えておくとよいでしょう。

寝室で後悔しやすいポイント(広さ的視点、日差しの入り方によるレイアウト)

寝室で後悔しやすいポイントは、ベッドの大きさです。

「寝返りを良くするからダブルベッドではなくキングサイズの方が良かった」や、逆にもっとくっ付いて寝たいのにベッドが広すぎる・・なんて人も。

また、マットレス一枚で夫婦のどちらかが寝返りするたびに揺れて起きてします。

寝室自体ではありませんが、トイレの隣に寝室を配置すると、だれかがトイレを使うたびに音が気になってゆっくり休めないという声を多く聞きます。

他にも、寝室のベランダに洗濯物を干す家が多いようですが、ベランダの出入り口が思ったより狭くなってしまい、洗濯物を干しに行くのが大変。

夫婦ふたりで必要な寝室の広さ

本当に寝るだけの寝室であれば、夫婦二人で6畳あれば十分な広さがあります。

実際に設計する際は寝室でどんな風に過ごすのか考える必要があります。

寝る前に二人でにリラックスしながら読書をするのか、ドレッサーで化粧やお手入れをするのは寝室なのか、小さな机を置いて書斎スペースを作りたいか、など考えられることは沢山あります。

読書をするなら小さなソファスペースでプラス2畳ほど必要になります。

ドレッサーが必要ならプラス1畳~1.5畳。

書斎スペースならプラス2畳ほどが必要になってきます。

どんな風に過ごしたいのか検討してみましょう。

スポンサードリンク



◆併せて読みたい寝室の記事

【自分の好みが必ず見つかる寝室インテリア】テイスト別10選

【オシャレな寝室インテリア】安眠できるインテリアコーディネート方法

【寝室に使いたいアクセントクロス】寝室に合う壁紙の色は?

-インテリア, 寝室 インテリア

みんなが読んでる人気の記事