【海外インテリア実例に学ぶ】お部屋がオシャレになる参考写真まとめ!

2017/11/04

一人暮らしや、新居の時に参考になる海外インテリアの実例をご紹介!

日本のインテリアはなんだかちょっと違う・・・

だけど何が違うのかわからない。

そんなあなたに参考になるオシャレな写真で実例をご紹介します。


出典:http://decouvrirlendroitdudecor.blogspot.jp/

海外インテリアのオシャレな実例を見てみよう

スポンサードリンク




まずは海外インテリアのトレンドやインテリアの参考になる写真を見ていきましょう。

まずは、海外インテリアの定番「ヘリンボーン」とガラスパーテーションを組み合わせた実例

出典:http://www.planete-deco.fr/

◆ヘリンボーンの実例紹介はコチラから◆

ヘリンボーン床で上質フローリング!素敵なインテリア実例とDIY

下の写真は、小さな教会をリノベーションした海外インテリア実例。

天井の高さともともとの梁を活かしつつ海外インテリアらしいアクセントクロスでお洒落にコーディネートした実例。

梁と三角屋根が海外らしい独特な雰囲気になっています。

出典:http://gravityhome.tumblr.com/

下の写真は子ども部屋のインテリア実例。

大人がこの空間にいても楽しくなりそうなオシャレな子供部屋インテリアです。

出典:http://gravityhome.tumblr.com/

ご覧のように海外インテリアには参考になる実例がいっぱいです。

次の章からは海外インテリアのどこを参考にしていけばいいか実例を使ってご紹介していきます。

海外インテリアの定番「カラーウォール」


出典:http://gravityhomeblog.com/

味気ない白色の壁をカラーウォールにするだけでインテリアの印象は全く変わります。

ただ、ポイントになってくるのは必ずグレー(ブラック)系の色が入った落ち着いた色にするか、薄い色をチョイスしないと残念なことに。

スポンサードリンク



子ども部屋などであれば、パッションカラーでも問題ありませんが、リビングにカラーウォールを入れる場合は慎重に行きたいところですね。

出典:http://gravityhomeblog.com/

上と下写真はグリーン・グレーをを使った実例。

品のある落ち着いたヨーロッパテイストのインテリアになりますね。

明るめのフローリングとの相性が良いいですが、逆に暗めのフローリングと合わせると、クラシカルな図書館のようなイメージになりこちらもオススメです。

出典:http://gravityhomeblog.com/

下の写真はブルー・グレーを使った実例。

グリーン・グレーよりも軽やかさがあるので、アットホームな雰囲気が好きな人にはこちらの方がオススメです。

海外インテリアでもブルー・グレーは流行の色で非常に人気です。

出典:http://krickelin.elledecoration.se/

デッドスペースは今までにない空間に変身させる

出典:http://decouvrirlendroitdudecor.blogspot.jp/

どこの家でも発生してしまうデッドスペースも実はお宝空間になりえる素質をもっています。

海外インテリアでは、ウォールベンチに本棚で囲わせた空間を作り、マットとクッションでくつろぎ空間を作る事が多くあります。

狭く囲われた空間は胎児の頃の胎盤に覆われた記憶と重なり、落ち着く空間になるというのは心理学の世界ではあまりにも有名な話ですが、こういったデッドスペースもくつろぎスペースに変えてしまえば空間も生活も劇的に変える事ができます。

こういった自分だけの贅沢な空間を「プチ・リュクス」と言います。

リュクスとはフランス語で「贅沢な」という意味になります。

海外ではウォールベンチやウォールソファを囲うように本棚を設置し、自分だけの贅沢な空間として楽しまれています。

スポンサードリンク



海外インテリアの窓を参考にする

出典:http://estetikka.com/

海外インテリアと日本のインテリアでは窓のデザインが大きく違います。

日本の窓は四角い窓が一般的ですが、海外インテリアの窓は四角い窓だけではなくこんな丸窓も多く使われています。

丸い窓は、空間に動きがでるので、家具をシンプルに置くだけでもオシャレなインテリアになりますね。

出典:http://decordots.com/

コチラは、丸窓の下に本棚を連続的に置いたインテリア実例。

どこか海外の図書館を思わせるような知的な空間になりますね。

本棚の上が飾り棚のスペースになるので、お気に入りの小物や雑貨、植物を置くのもオススメです。

広い空間には存在感ある家具を置く

出典:http://frenchyfancy.com/

広い部屋や天井高のある部屋にコンパクトな家具ばかり置くと間抜けな印象のインテリアになってしまいがちです。

そんなときは部屋の主役になれるような場所や家具を決めてしまうと部屋の印象がグッと良くなります。

上の実例であればテーブルとペンダントライトを存在感かるものにして部屋の印象を良くしています。

ただ気を付けなければならないのは、必ず空間に余白を残す事!

詰め込み過ぎたインテリアは、あれもこれもやりたい逆に頭でっかちなまとまりのないインテリアになってしまします。

何事もバランスが大事ですよね。

海外インテリアの常識「観音扉」

出典:http://building101.tumblr.com/

海外のインテリアって空間の繋がりが自然だなと思ったり、何故か扉が安っぽく見えないと思った事ありませんか?

実は、その要因は大きな扉を使う事なんです。

さらに言えば、「観音扉」、つまり両開きの扉を使うと、チープな部屋から本物志向のインテリアに変わります。

空間は緩やかに繋ぐ

出典:http://gravityhomeblog.com/

日本の家は海外に比べてどうしても狭くなりがちです。

そんなときは単に壁で仕切らずに、窓で仕切ってみてはいかがでしょうか?

仕切られているけど、視界は続いているので、空間を広く感じる事ができます。

上の事例であればキッチンにいても子どもの様子もうかがえるという利点も。

カーテンレールは壁一面に

出典:https://translate.google.co.jp/

海外インテリアと日本の失敗インテリアの大きな違いは、部屋全体でインテリアコーディネートするか、家具やポイントでしかコーディネートしていないか、が大きなポイント。

ちょっとわかりにくいですよね?

例えば、カーテンの取り付け方ひとつでも大きな違いが。

上の実例を見て頂くとカーテンレールを端から端までつけていますよね。

スポンサードリンク



日本のよくある取付方だと窓の部分だけにカーテンを取り付けています。

ですが、海外インテリアの基本は部屋全体をコーディネートすること。

窓だけのコーディネートではなく、壁全体をイメージしてコーディネートしているからインテリアが継ぎはぎにならず統一感のあるインテリアにすることができます。

デスクの置場は壁付だけじゃない

出典:http://gravityhomeblog.com/

1人暮らしを始めて、机を買ってきたら迷わず壁に当てて使ってませんか?

お部屋の広さに余裕があるならテーブルの置き方と同じ、島型の机のレイアウトもオススメ。

上のインテリア実例であれば、外に向かって机をレイアウトしていますが、気持ちよくデスクワークができそうです。

出典:http://www.time-tolose.com/

次の実例は、端に置きつつも壁を背にしたレイアウト。

ちなみに、デスクワークをする際に背後に壁がある方が作業効率が上がるという実験データもあるので、集中して作業をしたい人には壁付よりもコチラの方がオススメです。

デスクはシンプルなデザインに

出典:http://wwwmaisonduchocolat.blogspot.jp/

最近の海外インテリアの流行りはシンプルなデスク。

必要な材料は、シンプルな脚と天板さえあればOK。

シンプルな家具であるほど、そこに置く雑貨や小物のデザインが栄えてきます。

実例写真のインテリアは、IKEAにもほぼ同じものが売られているので、簡単に真似できちゃいます。

バルコニーへの出入りは引違いの掃出し窓ではなく、開き戸

出典:http://wwwmaisonduchocolat.blogspot.jp/

日本の家でバルコニーやテラスへの出入りは、引違の掃出し窓が定番ですが、海外では開き戸を使うのが定番。

昔は襖の文化があり、引き戸が主流でしたが、今はそういった感覚が薄れてきたこともあり、出入りは開き戸の方が便利に感じる人が増えてきているそうです。

もともと、引き戸よりも開き戸の方が海外インテリアとのデザインの相性が良いため、ココを変えるだけで海外インテリアの雰囲気を得る事が出来たりもします。

ちょっとだけ余談ですが掃出し窓は、ごみを室内から掃き出せるから掃き出し窓と呼ばれています。あまりやっている人を見たことがないですね。

家具の足元はスッキリさせるか華奢にする

出典:http://wwwmaisonduchocolat.blogspot.jp/

海外インテリアでどっしりとしたデザインの家具をベタッと置くのは最近ではあまり見られなくなってきました。

上の実例でもそうですが、足元をスッキリさせるデザインが多くなってきました。

こういったどこにでもありそうなシンプルな家具でも壁に取り付け、地面から浮かせるだけで、デザイン性の高そうな家具に早変わりします。

1人暮らしなどで賃貸の方は下のような脚が華奢なものを選ぶのがオススメです。

出典:http://www.favor-web.com/

北欧インテリアなどで多く用いられるデザインで、空間が重たくなり過ぎずスッキリとした印象にすることができます。

◆北欧インテリアについての記事は下からどうぞ◆

北欧インテリアの厳選実例|真似したくなる家具のコーディネイト術

ベッドスペースにもっと個室感を作る

出典:http://moodnekodu.delfi.ee/

前述しましたが、人は囲われている空間に安心を覚えます。

特に寝る時は一番無防備な時だからこそ、安心感を求めるものです。

よくあるベッドのインテリアコーディネートは部屋の隅っこに置いてあるだけ。

優れた睡眠にするためにも上の実例のような少し奥まった囲われた空間にするのもアリですね。

子ども部屋だって可愛くオシャレに

海外の子ども部屋のインテリアは大人が見てもオシャレなものがたくさんあります。

それでいて子ども達が楽しめる工夫がいっぱい!

そんな中でも海外インテリアのトレンドは、部屋の中の「家」

出典:http://thismodernlife.co.uk/

子どもは胎盤にいた時の記憶が強い為、少し小さ目の空間が大好き!

そんな子どもの為に可愛らしい、子どもの為だけの空間を作っています。

出典:http://media-cache-ec0.pinimg.com/

ガーランドを付けたり、黒板で落書きできたり。

出典:http://cf.remodelaholic.com/

自分だけのお家のような、特別なデザインにしてあげると子ども達も楽しんでくれそうです。

◆子ども部屋のインテリアの記事はコチラから◆

【子ども部屋インテリア】可愛い我が子をカワイイ部屋で過ごさせたい!

ハンガーフックも部屋に合わせたデザインに

出典:http://moodnekodu.delfi.ee/

ハンガーフック一つとっても海外インテリアはオシャレなものが多いですね。

ハンガーフック自体が壁のアクセントになって部屋の雰囲気をジャマしません。

こういった小さなデザインは真似したいものです。

 

階段下も大事なインテリアスペース

出典:http://gravityhome.tumblr.com/post/

階段下のちょっとしたスペースも大事な空間で上の実例のようワークスペースにしたい時こそ抜かりないデザインにすることが大切です。

前述したようなカラーウォールにするのも一つの手ですね。

これだけで階段下が特別な空間に早変わりです。

変形地や変形間取りこそ海外インテリアの強み

出典:http://cottagestyleblogs.blogspot.jp/

海外の人は本当にインテリア上手です。

デッドスペースをグッドスペースに変える方法をちゃんとわかっています。

上下の実例は変形地に建てた家ですが、正方形でない形の部屋も逆転の発想でお気に入りスペースにしています。

使い勝手の悪そうな中途半端な角部分には窓と作り付けの机で唯一無二のワーキングスペースに!

出典:http://cottagestyleblogs.blogspot.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

海外インテリアにはオシャレなお部屋にするためのヒントがいっぱいあります。

ちょっとしたコツや、今までの先入観を取り払う事で、きっとオシャレなインテリアにすることができるので、熟読してトライしてみて下さい。

↓北欧や海外インテリアなどの参考になる記事

スポンサードリンク



-インテリア, 生活

みんなが読んでる人気の記事