【自分の好みが必ず見つかる寝室インテリア】テイスト別10選

自分の好みの寝室インテリアにするには、どんなテイストの寝室インテリアがあるのかを知ることが一番の近道です。

必ず好みが見つかるテイスト別、寝室インテリアを10選ご紹介します。

スポンサードリンク



北欧テイストの寝室インテリア

優しい雰囲気が持ち味の北欧インテリアは寝室との相性も抜群ですね。

柔らかい印象のファブリック生地に、温かみのある木製家具は心地よい眠りへと導いてくれそうです。

グレーをベースにくすみ系のアクセントカラーでコーディネートすると近代北欧インテリアテイストの寝室インテリアにすることができます。

モダンテイストのインテリアでホテルチックな寝室に

シンプルで近代的なインテリアであるモダンインテリアは寝室との相性も言わずもがなです。

清潔感があり、無駄な装飾がないモダンインテリアは心を落ち着けながら眠れそうです。

ホテルチックな寝室にしたい方はモダンテイストの寝室にすると良いでしょう。

コンテンポラリーな寝室インテリア

コンテンポラリーとは現代的という意味ですが、モダン(近代的)とは違い今をデザインしたようなスタイルのインテリアです。

ネオトラディショナル(新しい伝統)とも言われています。

今を映すようなコンテンポラリーインテリアは、上の事例であればモダンな雰囲気を残しつつも、流行りのグレイッシュカラーにカッパー素材など現代版モダンといえるような空間になっています。

寝室でも感性を刺激したい感度高めの方にお勧めしたい寝室インテリアです。

清潔感漂うインダストリアルスタイルな寝室インテリア

天井や床等を拝見するとインダストリアルなどこか武骨な印象を受けるインテリアテイストの寝室ですが、壁は清潔感を感じさせるグレージュを採用されていたりと現代的にアレンジされた寝室インテリアです。

寝室だから清潔感は欲しいけれど、インダストリアルのような個性的なテイストも取り入れたいとお考えの方にはとても参考になる事例ではないでしょうか。

アーティストが住んでいそうな寝室です。

◆併せて読みたいインダストリアルインテリアの記事

インダストリアルインテリアで上級者へ!家具や照明もご紹介

コンクリート打ち放しのオシャレな寝室インテリア

一度は憧れる人も多いコンクリート打ち放しのお部屋を寝室(スペース)としてデザインされたお部屋です。

コンクリート打ち放しはとても格好いいですが、目が覚めた時に一番最初に見える景色が毎日コンクリートというのは少し寂しそうですが、こちらの事例は木調の造作をベッド上の天井と壁に作ることで、コンクリート打ち放しでありながらとても温かみのある空間にしています。

綺麗目の木調を取り入れたことで清潔感も増し、とれも快適そうな寝室です。

コンクリート打ち放しならではの格好いい武骨さをベースに快適性を取り入れた好事例ですね。

スポンサードリンク



和風寝室インテリア

日本人なら誰でも落ち着いてしまう空間、それは和室ですね。

旅館に泊まった時のような落ち着きを再現するなら上の事例が参考になります。

ベッドスペースは木製の小上がりになっていてとても落ち着いた雰囲気になっています。

小上がり下部からは間接照明を取り入れ、優しい空間へと演出されているのも良いですね。

コチラのお宅は和風な印象を与えつつもフローリングを作用しています。和風ラグを採用することで、フローリングでも和室のような落ち着きのある雰囲気にしているようです。

畳の和室には少し躊躇している方でもとても参考になる和風の寝室インテリアではないでしょうか?

ロンドンストライプの寝室インテリア

ロンドンストライプを使った寝室インテリアです。

ロンドンストライプと言えばポップな印象を受けやすい柄の一つですが、間接照明を使うことで、ポップというよりはどこかクラシカルな雰囲気が漂っています。

こんなクラシカルな雰囲気のロンドンストライプなら寝室のインテリアとも相性が良さそうですね。

柄も照明との掛け合わせで寝室インテリアに合わせる事ができるとわかる事例です。

天蓋ベッドを使った寝室インテリア

木製フレームの天蓋ベッドを使ったインテリアです。

シンプルな木製フレームの天蓋ベッドはリゾート感を感じやすいアイテムですね。

さらにカーテンを取り入れることで、さらにリゾートインテリアにすることがます。

癒しを求める寝室インテリアにばっちりなアイテムですね。

コチラは黒でシックなアイアンタイプの天蓋ベッドを使ったインテリア。

木製に比べるとスッキリと締まった印象を受けるアイアンの天蓋ベッドは大人インテリアでも取り入れやすいアイテムです。

天蓋ベッドは入れたいけど、子供っぽくしたくない方にオススメです。

リノベーションで実現した寝室インテリア

リノベーション 黒アイアンの格子窓でゆるく区切られリビングからベッドルームを望むことができます。

限られた空間を最大限生かすため、リビングと寝室を格子窓で仕切ることで、奥行き感を感じることができるため、限られたスペースでも広く感じることができます。

寝室も白を基調とした内装で清潔感があるため、リビングから見えても嫌な思いをせず、むしろオシャレな空間が続いているという気にすらなります。

◆併せて読みたいリノベーションの記事

【マンションリノベーション事例】メリットとデメリットと考え方

トラディショナルな寝室インテリア

トラディショナルインテリア ベッドの前にソファは寝る前のリラックススペースとしても活躍しそうです。

寝る前に少し読書して、そのままベッドへ自然な流れで睡眠に入れそうですね。

大人女子必見の子供っぽくない姫系寝室インテリア

大人になっても姫系インテリアに憧れる女子も多いと思います。

いつまでもピンクのお部屋で眠りにつきたい、可愛い空間で寝たい。そんな大人女子にオススメしたい姫系インテリアです。

寝室で大人女子の姫系インテリアを作りたいなら、下の3点に気を付けることが大事です。

シーツはブリブリにしないこと、カッパー(金、銅褐色)素材を取り入れる、モールディング(天井と壁の堺にある見切り材)にこだわること。

可愛くするポイントと落ち着きを出すポイントをしっかり見極めることが大切です。

◆併せて読みたい大人女子向けのインテリア

大人な女性にオススメしたい一人暮らしのインテリア【可愛いオシャレなインテリア】

寝室のインテリアテイストまとめ

寝室は一日の疲れをとる大切なお部屋です。

大切なお部屋だからこそ、自分の好きなテイストの空間にしたいものです。

ご紹介した寝室のインテリアテイストが参考になれば幸いです。

スポンサードリンク



-インテリア

みんなが読んでる人気の記事