【カリフォルニアスタイルのインテリアにする方法】西海岸を再現!

2018/08/05

カリフォルニアスタイルインテリア(西海岸スタイル)はビーチをイメージした飾らないナチュラルな雰囲気が男女問わず人気のスタイルです。西海岸スタイルの代表格とも言える、ロンハーマンのショップは日本での出店数も増え、大人気ですね。

カリフォルニアはご存じの通り、アメリカ西海岸にある太平洋沿岸の州。代表的な都市はサンフランシスコやロサンゼルスです。ひとくちにカリフォルニアと言っても地域差は大きく、カリフォルニアスタイルと言ってよく取り上げられるのは、東部、南西部の沿岸部を差すことが多いように思います。

カリフォルニア(西海岸スタイル)の少し都会的でありながらもリラックスできる、ゆったりとした空間を見ていきましょう。
スポンサードリンク



1.カリフォルニアスタイルのインテリアとは

カリフォルニアスタイルとは、アメリカの西海岸を発祥としたインテリアスタイル。最近では西海岸スタイルとも言われていますが、両者とも同意です。大きな特徴としては海やビーチをイメージとした空間作りでしょうか。

カリフォルニアスタイルは地中海のインテリアと通じるものがありますが、最初の入植者であったスペインからもたらされたものではないそうです。これらのスペイン的要素はゴールドラッシュの時代に様々な国から移った人々、特に隣接しているメキシコからもたらされたものとされています。確かに、鮮やかな色や開放的な空間使いはメキシコらしさも兼ね揃えているように感じますね。

2.カリフォルニアスタイルインテリア(西海岸テイスト)のポイント

西海岸テイストな部屋にする5つのポイントをご紹介します。

  1. ブルー×ホワイトの色使い
  2. 自然素材の使用
  3. 空間の余白を作る
  4. 少しのアーバン的要素
  5. 西海岸を演出できる雑貨類

①ブルー×ホワイトの色使い

まずはビーチや海を印象付ける青と白をベースカラーやアソートカラーとして使用していきます。人間の五感のうち視覚からの情報は80%ということは一般でも多く言われることですが、その視覚からの情報のうち色彩から受ける印象は80%もあるということはご存じでしょうか。それほどまでに色彩から受けるイメージは空間を大きく印象付けます。

白を多く使うと、より清潔で開放的な雰囲気にすることができます。青は色味によって受ける印象も変わってきますが、濃紺であればヴィンテージな空間に、鮮やかな青であればさわやかな空間やアーバンな空間に寄せることができます。その他茶系の色との相性もとても良いです。

②自然素材の使用

西海岸スタイルの醍醐味のひとつである、自然の中にある開放感やリラックス感を演出できる素材を使用しましょう。フローリングはウォールナットなどの重厚感あるものよりもバーチやパインなどの軽めの木材の方がマッチします。

グリーンインテリアとも相性がよく、葉の色が鮮やかな観葉植物などがおすすめです。葉の細かい繊細なイメージのものよりも、ゴムの木などのような存在感のある葉をつけるものや南国風の植物と合わせると、より洗練された空間にすることができます。

③空間の余白を作る

何度か挙げられている開放感ですが、せっかくいろいろと取り入れてもその空間がごちゃごちゃしてしまっては本末転倒です。ビーチを彷彿とさせるような光や風を取り込めるよう、空間の中に何もない余白を作ってください。

④少しのアーバン的要素

ヴィンテージ感を強く出されたい方は例外ですが、自然素材の気持ちが和む素材だけでなく、その中に都会的なアーバン要素を取り入れましょう。最近の自然を取り入れたスタイルと比較すると垢抜けた印象があるのはそのためです。

⑤西海岸を演出できる雑貨類

サーフボードのディスプレイなども良く見かけますが、趣味でされる方以外は必ずしもディスプレイする必要はないかと思います。サーフ感と言われることがありますが、波の寄せる様子や波の泡など雰囲気を指すことが多いようです。

流木などの古材はよく使われる小物ですね。西海岸インテリアの雑貨店などでの取扱いも多く、手に入れやすいため取り入れやすくなっています。なかなかお好みのものが雑貨店で見つからない場合は、アクアリウムの取扱い店などで素敵なものと出会えることもあります。ご自身でディスプレイしやすいのも利点です。

裸のペンダントや電球などは西海岸スタイルととても相性が良い照明です。照明器具に迷われていたら、是非取り入れてみることをおすすめします。

デニム素材は非常にこのスタイルとの相性が良く、使い勝手の良いアイテムです。クッションカバーやソファの張りなど様々な用途で使える点も良いですね。濃紺のデニムであればヴィンテージな雰囲気作りに一役買ってくれますし、洗いざらしのような浅い色のデニムであればサーフ感を醸し出してくれます。

3.海外でのカリフォルニアインテリア実例

海外のカリフォルニア(西海岸)スタイルを紹介していきたいと思います。

一人暮らしにおすすめのカリフォルニア(西海岸)スタイル

一人暮らしのように家具の数が制限されてしまうような部屋(狭い部屋)ではカリフォルニアスタイルのインテリアにすのは難しいと思います。

そんなときは青系統のアクセントクロスを使うことをオススメします。

表現しきれなかった西海岸の雰囲気を家具以外でも再現できるので、表現しやすくなるはずです。

賃貸でもはがすことが容易な壁紙も販売されているので、検討してみるのもいいでしょう。

青色のアクセントクロスには木を連想させる茶系の小物を加えると西海岸の雰囲気に近づけることができます。

もちろん流木などをディスプレイすることもオススメですが、手軽に始めたいなら色から始めるカリフォルニアスタイルもオススメです。

ダイニングやリビングのカリフォルニアスタイル

青×ストライプ×木×麻の組み合わせはカリフォルニアスタイルでは鉄板コーディネートですね。

清潔感もあり、ダイニングなどにもオススメのコーディネートです。

もう少し、大人っぽいインテリアが好きな人は、大きな木の家具を一つ主役にして、少しモダンテイストの家具を取り入れるとアーバン感のあるインテリアにすることができます。

カリフォルニアスタイルインテリアまとめ

ゴールドラッシュ時に新しい土地への期待と不安を胸に渡米したたくさんの人々が、心休まる家を求めてデザインされ、現在ではその地で余暇を過ごす人にも人気となった西海岸スタイル。その飾り過ぎない気楽さや快適さが現代にもマッチして、こんなにも人気を博すところとなったのかもしれません。西海岸スタイルで自分だけのリラックス空間を作ってみるのはいかがでしょうか。
スポンサードリンク



-インテリア

みんなが読んでる人気の記事