玄関アプローチをDIYで簡単にオシャレにする方法!

2017/11/28

玄関アプローチをDIYで簡単におしゃれにする方法は、材料の見極めと、玄関アプローチを「庭」のように考えること。

DIYで玄関アプローチを作る場合は、出来る事と出来ない事をしっかり分ける必要があります。

そして、出来る事で庭のガーデニングを感覚で作る事。

ここでは、本格的なDIY方法ではなく、誰でも簡単に真似できるオシャレな玄関アプローチのDIY方法をご紹介します。

玄関のアプローチを庭化する

玄関アプローチってコンクリートを打ったり、タイルを付けたり、門を作ったりとDIYでは難しいイメージしかありませんが、玄関アプローチを庭のように考えれば、簡単に楽しく作ることができます。

もちろん高級感を出しづらいですが、温かみのある爽やかな玄関アプローチにすることができます。

頑張ればイングリッシュガーデンのような雰囲気にすることだって可能です。
スポンサードリンク



土を覆うグランドカバーを決める

庭作りと一緒でベースになるグランドカバーを決めるところから始めます。

※グランドカバーとは土を覆うことができる植物で一般的には芝生が有名です。

全てを大きい植物で埋めてしまうと手付かずの森のようになってしまうので、バランスをとるために低めの植物を決めます。

芝生でもいいですし、クローバー、セダムでもなんでも構いません。

私のおススメは、簡単に広がってくれて、見た目も綺麗なセダムがおススメです。初心者でも枯れにくい丈夫なところも良いですね。

土の部分を全てグランドカバーにする必要はありません、後で紹介する敷き詰めるだけの材料を使うこともOKです。

アクセントになる大きめの植物を決める

ベースになるグランドカバーが決まったら、それにあう大きめの植物を決めていきましょう。

この大きめの植物が入ることで、DIYでも業者さんにお願いしたようなクオリティにすることができます。

おススメはラベンダーですね(特にラベンダーグロッソがおススメ)。ほどほどの高さとボリュームがあるので、一気に華やぎます。また、落ち着く香りも良いですね。

ラベンダーは多くなってきたら、収穫してお部屋に飾るという楽しみもあります。

生垣などでもよく使われるボックスウッドなどもおススメです。

可愛い葉っぱと程よいボリューム感で玄関アプローチに立体感が出ます。

DIYより簡単!敷き詰めるだけの材料

インターロックやレンガは地面を固く地均しする必要があり、実はかなり大変です。

できた瞬間は綺麗に仕上がっていても、だんだん崩れてきてしまう事も多いです。

誤差の出にくい大きい材料を使ってもらうと仕上がり後もずっと見た目の綺麗さを維持することができます。

例えば下の4種類がおススメです。

  • 敷石
  • コンクリート板
  • 枕木
  • 砂利

比較的大きく重ための材料であれば後からの崩れが少ないのが特徴です。

砂利であれば崩れたって均せばOKです。

もはやDIYレベルにもいかない、敷き詰めるだけという手軽さがかなり嬉しい点です。

運搬は少し大変ですが、業者さんにお願いせずに簡単にDIYで綺麗に仕上がるのでおススメしたい材料です。

人が歩く部分を、敷き詰めるだけの材料を使えばあっという間に歩道が出来上がります。

ライティングも刺すだけ照明で簡単DIY

最後に土に刺すだけでセットが完了するLED照明を取り付けます。

ライトアップが入るだけでクオリティが格段に上がるので、是非取り付けてみてください。

日陰だと2時間程度で充電が切れてしまうので、できるだけ発電量が多い物を選んだほうがいいです。

照明が植物に当たると雰囲気が良くなり、プロのような仕上がりに見えてしまうはずです。

照明が入るだけでそれっぽく見えてしまうから不思議なものです。

玄関アプローチをDIYで簡単にオシャレにする方法まとめ

DIYでも簡単に玄関アプローチをオシャレにすることができます。

庭のように植物を植えたり、敷き詰めるだけの材料でこんなに簡単にオシャレな玄関アプローチを作ることができます。

とっても簡単で、なにより自分たちで作ったという満足感がとても高く、愛着がわくこと間違いなしです。

是非取り入れてみて下さい。
スポンサードリンク



-家の事

みんなが読んでる人気の記事