真似したいモダンな玄関インテリア!オシャレな事例を使ってご紹介

モダンテイストの玄関、特にモダンの中でも人気の高いシンプル系、スタイリッシュ系のモダンテイストを中心にご紹介します。

モダンテイスト玄関を作るときに大切なことは素材選びとカラーコーディネートです。特に床材選び一つで玄関の雰囲気が大きく変わるので注意がひつようです。

ベースの空間はできるだけ引き算で考え、+αで個性を加えるイメージで考えましょう。

また、モダンインテリアと相性の良いインテリア素材であるガラス、石材についてもご紹介をしていきます。



木の板張りを使ったアーバンスタイルなモダンな玄関

天井と壁を板張りにすることで、モダンテイストのインテリアの雰囲気を作ることができます。

上の事例では板張り部分に間接照明を加えることでさらに上質な雰囲気を作っています。ホテルさながらのインテリアに感じますね。

ベースをとことんシンプルに、形と素材を際立たせたインテリア

ベースは白い壁にラインベージュのフローリングととにかくシンプルにし、玄関扉の上部をアーチ状にしたデザインや直径1メートルはある大きな鏡、天板厚4センチほどある3メートル以上の大型カウンターと、個性的な要素がたくさんあるのに、とてもシンプルにまとめられた玄関インテリアです。

モダンの神髄はとにかくベースはシンプルにが基本となりますが、まさに体現しているようなインテリアです。

光沢感ある白い床がモダンの雰囲気を作る

モダンな空間の代名詞として使われるくらいよく使われる「白い床」は光沢感のあるものを選ぶと、さらにモダンテイストな雰囲気にすることができます。

特にスペースに限るのある玄関では、白の膨脹色効果で玄関を広く見せる効果もあります。

木を使った暖かみのあるモダンな玄関

白と木目の組み合わせも非常に相性が良いですね。事例のようにマットな質感の木材を使えばカジュアルな印象になり、光沢を効かせた木目を使えば高級感あるインテリアにすることができます。

モダンテイストはクールな印象が強く、「寂しい」や「冷たい」というイメージもありますが木目を使うことで、温かみのある玄関にすることができます。

石材壁を使うことで高級感を上げる

上の事例では白のセラミックタイルを使用していて、モダンテイストの鉄板の白の床と白の壁を基調としていますが、個性を出している要因は石材壁でしょう。

石材壁は高級感を演出することができ、ワンランク上の雰囲気を作ることができます。事例のように照明を壁に当てることで、さらに石材壁を立体的に見せることができ、オシャレな雰囲気にすることができます。

スポンサードリンク



大理石とモダンの相性は抜群

モダンテイストの玄関で検討したいのが大理石の床です。モダンテイストと相性の良い大理石は一気に高級感を高めることができる材料の一つです。

高価な材料の為、検討外にしがちですが、広さが制限される玄関だけなら意外と金額的にもクリアできることが多いです。

大理石の床の費用が1平米あたり2万円前後が多いです。安価なもので平米あたり1万円、高価なもので平米あたり5万円程度のものが多いです。

もっとも多い平米あたり2万円のもので、3畳の玄関ホール(土間部分を除く玄関)だった場合10万円前後になります。家の顔である玄関だけでも高級感ある大理石にすることで、家全体のグレードを高く見せる効果があるので、検討してみるのも良いでしょう。

シンプルに見せるときは床の貼り方を工夫する

モダンインテリアの基本はシンプルにすることですが、どこかに個性を出したいと思ってしまうのも正直なところです。そんなときは床材の貼り方を工夫してみるのがおススメです。上の事例のようにフローリングの向きを45度傾けて貼るだけでかなり違った印象を与えお洒落な雰囲気にすることができます。ただ、この方法のデメリットとしては4畳以上の少し大きめの玄関でないと逆にごちゃごちゃした印象になってしまう点でしょう。大きめの玄関を考えているようであれば是非とも検討してみてください。

北欧モダンな玄関

北欧モダンな玄関にしたい時にオススメなのがグレイッシュな壁紙です。特にブルーグレーの壁紙は使いやすくオススメです。上の事例のようにアクセントクロスとして一面のみに使っても良いですし、天井を除く壁面全面につかってもオシャレになります。

上の事例では木製の丸いデザインのフックを壁面にランダムに掛け水玉模様のようなオシャレな壁になっています。この辺りは北欧ならではのデザインですね。

まとめ

モダンインテリアの玄関にする場合は壁と床、それに合わせる素材を意識することが大切です。

玄関は家の顔、オシャレな玄関を目指しましょう。
スポンサードリンク





-インテリア

みんなが読んでる人気の記事