玄関の広さは3畳が良い?2畳では狭い?家族構成に合わせた広さを紹介

玄関の広さってどのくらい必要でしょうか?ずっといるわけではない玄関よりリビングなどにスペースを当てたいというのが本音だと思います。でも玄関は家の顔と呼ばれるように見た目にもこだわりたいはずです。

ではどのくらいのサイズが理想的なのでしょうか?家族構成から考える玄関の畳数表です。

畳数 オススメ家族構成
2畳 3人~4人
3畳 4人~5人
4畳 5人~6人

大まかに考えれば、上の表から考えれば大丈夫です。来客が多い場合はプラス1畳を意識すればOKです。

ではそれぞれ、2畳~4畳の玄関の広さを写真付きでご紹介します。



2畳の玄関

【3人~4人家族向け】

玄関として無理なく使えるサイズが2畳になります。一般的なマンションも2畳サイズの玄関が多いです。マンションの場合戸建てよりもスペースの制限が大きいので、まずは玄関から制限することが多いです。マンションに住んでいて、2畳の玄関だったら広くは感じなくても、どうしても嫌だと感じる人は少ないでしょう。戸建の場合はもう少し大きい玄関が主流なので、人によっては不満に感じる人も多いでしょう。また、「玄関は家の顔だ!」という認識の人にはかなり狭いかもしれませんね。

筆者の家は3畳の玄関に1畳分をシューズクローゼットとして使っており、見た目2畳の玄関ですが、不便に思ったことはありません。コンパクトで使いやすい玄関だと感じます。玄関フロア部分からでも土間部分にある窓を開け閉めできてとても便利だったり、大きすぎないので荷物を家に入れるときに往復が苦じゃないです。限りあるスペースをリビングや洗面スペースなど実用的な部分にあてています。ただ、荷物が多いとすぐに玄関フロアいっぱいに荷物が埋まってしまいます。

ただ、2畳の玄関の場合、収納量が非常に少ないので、靴が多い人ややベビーカー有など収納量が多い人は再検討した方が良いかもしれません。

また、2畳の玄関ではできるだけ明るい玄関にすることをオススメしたいです。狭い玄関に暗さを足してしまうと、どんよりとした雰囲気になってしまいがちなので、明るさを意識したり、事例のように緑やイエローなど見た目に明るい色の壁紙を使うこともオススメです。

3畳の玄関

【4人~5人家族向け】

一般的な家でもっとも多い玄関サイズが3畳でしょう。広いと感じることはほとんどないと思いますが、不便を感じないのが3畳というサイズです。

ただし、大型の下駄箱などを置くと圧迫感が強くなってしまうので大きさには気を付ける必要があります。

決して広くはないスペースなので、インテリアにこだわりたい時は、事例のようにニッチを作ったり、スペースを使わないディスプレイがオススメです。

また、上の事例では玄関とリビングの間をガラス張りにすることで圧迫感を無くし、玄関を広く見せるテクニックを使っています。家族が家に帰ってきて、リビングがすぐに見えるというのも素敵なところですね。

4畳の玄関

【5人~6人家族向け】

このお宅の玄関広いなぁと感じるのが4畳サイズからです。土間部分やホール部分、収納にも余裕があり、4畳あればおおよその一般家庭であれば不満がでることはないでしょう。

3人家族など人数が少ないお宅であればベンチやディスプレイ棚なども可能で、インテリアのアイディアや工夫のし甲斐が出来る広さに感じるはずです。

シンプルに見せてもインテリアにこだわってもオシャレに見せることができるのが4畳サイズの玄関です。

縦長より横長の玄関の方が広く見える

質問です。畳数は同じ、縦長(奥に長細い)の玄関と、横に広い玄関どちらが広く感じられると思いますか?・・・答えは横に広い玄関。

1Kマンションの玄関は奥行きはあるけど横幅が1メートル程度でとても狭く感じます。それと一緒でどちらかに重きをおくなら横幅を優先した方が広く見せることができます。

フロアと土間部分の奥行きをそれぞれ90センチ以上にすることが最低条件です。

玄関収納の必要性

小さい玄関でも大丈夫かどうかは玄関収納次第なところがあります。2畳の玄関でも大丈夫と前述しましたが、あくまでも収納がしっかりしていることが前提にあります。2畳の玄関では土間部分がすぐに靴でいっぱいになってしまいます。自分たちの収納がその畳数で十分かどうかを検討する必要があります。

ベビーカーの広さを確保する必要があるか、一人っ子の場合は使うのは最初の2、3年程度。この間だけは狭くても我慢するのか、それとも耐えられないのか。子どもの自転車は玄関内に置くのか外に置くのか。防災用品を玄関におくのか、など。

0.5畳程度の広さでも、何でもしまえる土間収納を作ると狭くてもなんとかなります。土間収納にシューズクローゼットの役割を加えれば、玄関自体はスッキリ見え、狭い玄関でも嫌に感じることが減るはずです。

下駄箱の大きさについても考えてみましょう。人によって靴の保有量は違ってきますが、平均すると一人当たり10足程度の収納は必要になってきます。男性でも多いひとだと20足所有している人もいます。将来的なことも考え一人当たり15足程度の収納量の下駄箱を検討しましょう。

玄関の広さ まとめ

収納さえ確保していれば2畳から玄関を作ることができます。家族構成や来客の多さ等を考慮して広さを決めてもらえればと思います。

重要なのは、限られた家のスペースに対してどこに重きを置くかです。リビングや居室等にスペースを当てたいなら玄関は2畳でも大丈夫です。家族が多い場合は3畳以上、来客が多くて家の顔といしての見栄えが重要なら4畳以上が理想でしょう。

何となく畳数から玄関の広さを決めるのではなく、何を重視するのか考えながら、玄関の広さを決めてみてください。

スポンサードリンク





-インテリア
-

みんなが読んでる人気の記事