オシャレさ際立つモノトーンのリビング【参考になるグレーインテリア事例】

海外のようなオシャレなグレーインテリアのリビングにしたいなという方が多くなっていますね。

でも実はグレーインテリアって意外簡単なので、リビングにも手軽に取り入れることができます。



グレーを使った北欧インテリア

まずは一番人気のグレーを使った北欧インテリアの事例を見ていきましょう。

グレーの壁とグレーのソファ、飾り棚はシンプルな形で白色、黒色のチェスト、それとアクセントに籐細工されたチェアとセンターテーブルでコーディネートしています。

グレーの壁と白色の家具はとても相性が良く、北欧インテリアにとてもオススメの組み合わせです。黒色のチェストが絞め色になっています。これだけでも十分オシャレなのですが、藤細工の家具が入るとインテリア上級者のようなオシャレなリビングになりますね。

シンプルな北欧インテリアにしたいなら上のようなコーディネート事例がオススメです。

鉄板コーデのグレーの壁に白色の飾り棚と白色の家具でベースを作り、シンプルなファブリックソファと絞め色になる黒のスタンド照明をコーディネートしています。

これだけで近代北欧リビングの完成です。

コチラもグレーの壁に白色の家具(ソファだけはグレーですね)でベースとなるコーディネートをして赤色のチェアで個性を出しています。

とてもシンプルにコーディネートしているのにオシャレに見えますよね。少なめの家具をグレーでまとめて、一つだけアクセントになる赤のダイニングチェアがセンスの良さを出しています。

コチラは少しヴィンテージ系の北欧リビングです。

北欧ヴィンテージ家具は少し濃い色のブラウンの家具が多いのですが、グレー系の家具でコーディネートするとごちゃごちゃとした印象がほとんど出ません。

上の事例ではTVボード、スツール、センターテーブルが北欧ヴィンテージの家具で、ソファ、ラグをライトグレーの家具にしています。グレーは木目との相性が良く北欧インテリアには抜群の組み合わせです。

トラディショナルなグレーインテリア

続いて実はグレーと相性の良いトラディショナルインテリアの事例です。

かなり濃いめのグレーで壁面デザインしています。モールディングの高貴な感じとグレーのカジュアルな印象が同居しており、相反する印象が見事にマッチしています。

トラディショナルなインテイリアは好きだけど、肩肘張ったインテイリアにはしたくないという方にオススメのインテリアです。

グレーに若干のベージュが混ざっているグレージュで全体をコーディネートしているリビングです。

壁を一番濃いめのグレージュにし、ソファやクッション、ファブリックは全てライトグレージュにしています。

少し光沢感のあるアイテムでまとめることで、先ほどご紹介した事例よりも本物志向なトラディショナルなリビングになっています。

スポンサードリンク



モダンなグレーインテリア

濃いめのグレーの壁と同じ色の1Pソファ、少し明るめのカウチソファでコーディネートしているモダンテイストのリビングです。

グレーはモダンインテリアとの相性もいいですね。事例のように床もグレー系か白色にするとさらにモダンテイスト感がましてオシャレになります。

モノトーンで全てをまとめる

次や有彩色を一切使わないモノトーンコーデのリビングインテリアをご紹介します。

グレーのみの作るモノトーンインテリアはとてもオシャレなのでぜひ参考にしてみてください。

濃い色のグレーの壁は躊躇してしまうかもしれませんが、白色やライトグレーの家具と合わせると、その濃さも気にならないどころかオシャレ感をすごく感じます。

白色の家具をベースに考えるとグレーの壁の濃さの幅が広がりますね。

コチラはライトグレーの壁に少し濃いめのグレーのソファ、絞め色で黒のフレームテーブル、ピクチャーフレームも白色と黒色の組み合わせでコーディネートしています。

部屋全体のボリュームを見ながら、ピクチャーフレームなどのこもの色を調整すると部屋全体が好みの雰囲気にすることができますね。

コチラは先ほどのアングル違いです。モノトーンインテリアでも確度によってコントラストなど見え方大きく違って楽しいですね。スッキリ見せたいところは白やライトグレーを多めに、しっぽりと落ち着きたいところはダークグレーを多めにとバランスを変えるとメリハリのあるリビングにできそうです。

コチラの事例は壁もソファも同じくらいのトーンのグレーでまとめたリビングです。

同程度のトーンでまとめると、部屋が広く見えますね。もちろん濃い色を使うと逆に狭く感じてしまうので、ライトグレーでコーディネートするのがオススメです。

グレーと木目が美しいリビングインテリア

グレーのインテリアで是非やりたいのが木製家具との組み合わせです。

グレーと木は相性がとてもよく、タンパクになりがちなグレーインテリアに温かみを出してくれます。

家族みんなで過ごすリビングには最適な組み合わせではないでしょうか。

先ほどの事例よりもアンティーク感のある木製の家具を合わせたリビングインテリアです。

先ほどよりも大人っぽい雰囲気になりますね。こんな空間でコーヒー飲めたらオシャレな気分になりそうですね。

アクセントに黄色を使う

もう一つグレーインテリアに組み合わせるオススメが黄色の小物です。あくまでもアクセントにちょい足しがポイントです。

少し濃いめのグレーインテリアに黄色の極太ヤーンで編んだブランケットを合わせたリビングです。

グレーの北欧インテリアとヤーンの黄色ブランケットの組み合わせは失敗のないオシャレなコーディネートですね。

コチラもグレーインテリアに黄色の小物でコーディネートしている事例です。

クッションを1つ黄色に変えてみたり、花瓶などを1つ黄色に変えてみたり、ポイントは1つか2つだけアクセントに黄色の小物を入れてみることです。

スポンサードリンク



黒をアクセントにしたグレーインテリア

コチラはグレー系北欧インテリアにアクセントで黒色の家具を組み合わせた事例です。

黒の家具をアクセントに取り入れると大人っぽく、男性的な格好いいリビングにすることができますね。

コチラはモダンテイストのグレーインテリアに黒色の家具をコーディネートした事例です。

重厚感があって知的な印象を受けるインテリアです。住んでいる人の人間力が伺えそうなインテリアですね。

グレーと白色の家具と合わせる

前述している通り、グレーと白色の相性は抜群に良く、正直この2つの組み合わせでコーディネートしていれば失敗がないと言っていいほど。

事例ではファブリックの家具は全て同じトーンのグレーでまとめ、メラミンなどツルっとした家具は全て白色でまとめています。簡単なのにとてもオシャレに見える鉄板コーデと言えます。

モールディングを使ったグレーインテリア

グレーインテリアを高貴な印象にしてくれるのが「モールディング」です。

上の事例ではライトグレーでモールディングをデザインしていますが、濃い色のグレーでも似合うので、お部屋の印象に合わせて使うことができます。

グレーの収納を使ったインテリア

収納を全て同じグレー色で統一するとインテリアとしてとてもまとまった空間にすることができます。

上の事例ではテレビボード、壁面収納、キッチンカウンターそれぞれを全て同じ色、同じデザインでまとめたインテリアです。マットな質感でダークグレーでまとめた収納家具は存在感抜群でお部屋の主役になりそうな収納です。

写真には載っていませんが、白色やライトグレーのソファや家具をコーディネートすととても格好良さそうです。

ダークグレーの壁面収納にタイルデザインの壁を合わせた事例です。

グレーのモザイクタイルとの組み合わせがとてもオシャレですね。グレーの家具は様々なテクスチャー(素材)と相性がいいので、色々な組み合わせにチャレンジしてみてください。

ダークトーンのグレーインテリア

壁一面を非常に濃いめのグレーにした事例です。濃いグレーになればなるほど男性的なインテリアになりやすく、男前なインテリアを目指している人は濃いめのグレーでバランスをとってみると良いと思います。

まとめ

グレーのインテリアは比較的簡単にオシャレにすることができ、リビングでも重宝するインテリアスタイルです。

色の濃淡やインテリアテイストとの組み合わせで自分なりの空間にすることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

◆併せて読みたいグレーインテリアの記事

【上品な寝室インテリア】グレーを基調としたお洒落すぎるベッドルーム

グレーインテリアで海外インテリアを取り入れる!

グレーのアクセントクロスで失敗なし!【施工事例を紹介】

スポンサードリンク





-インテリア
-

みんなが読んでる人気の記事