12畳のリビングでも大丈夫!お洒落にするレイアウトまとめ

12畳のリビングのレイアウトの場合、キッチンの広さが一般的に4.5畳なので、使えるリビングダイニングとしての広さは7.5畳

7.5畳の空間にリビング機能とダイニング機能をレイアウトするにはアイディアが必要です。

事例を見ながら狭くてもオシャレに快適に暮らせるレイアウト考えてみましょう。

ダイニングスペースを小さくするか、ダイニングとリビングの機能を融合させるか



12畳のリビングでも2Pソファを2台置きレイアウト

12畳リビングのレイアウト

12畳のリビングでも家族が多かったり、来客が多かったりでくつろぎスペースを充実させたいこともあります。

リビングが狭くなかったら、本当はたくさんの椅子やソファを置きたいと考えている方もいるのでないでしょうか?

上の事例では、2Pソファを2台レイアウトしているため、圧迫感を感じやすいため、ガラステーブルにすることで、全体的な圧迫感を軽減させていますね。

全体的なボリュームや圧迫感を調整することで、2Pソファを2台レイアウトできることがわかります。

主役はTVではなく談笑するためのソファを複数レイアウト

12畳リビングのレイアウト

TVやTVボードという概念を捨ててしまえばリビングのレイアウトは一気に幅が広がります。

実はリビングレイアウトする際に一番厄介なのがTVという存在です。TVを見るためにソファの向きが制限されたり、スペースを確保させなくてはいけません。

TVという存在を一度リセットするとソファやたくさんの椅子が置けたり、TVを置く予定だったところにピクチャーフレームを飾ったりとレイアウトの幅が広がります。

上の事例でも3Pソファや1Pソファを2つ、センターテーブルをレイアウトしても窮屈な印象はありません。

家族の談笑だったり、音楽をかけて本を読んだりと新しい生活スタイルを作るきっかけにもなりますよ。

シンプルな家具を使って余白のレイアウト

シンプルな家具だけでコーディネートすると12畳の狭いリビングでも窮屈な感じがなく、快適なリビングにすることができます。

上の事例のように、できるだけ家具の装飾は控えて、シンプルなソファ、華奢な脚のガラステーブル、シンプルな収納と見た目にもスッキリした家具をチョイスすれば、あとは簡単にレイアウトできます。

12畳リビングのレイアウト

レイアウト図はこんな感じで、気を付けるポイントは家具と家具の間にスペースを作る事です。あえて余白を作ることで、狭いリビングを広く見せる効果があります。

スポンサードリンク



狭いリビングの味方!白色の家具を使ったレイアウト

コチラは白色の家具を中心にコーディネートしたリビングです。

12畳リビングのレイアウト

レイアウト図だけ見ると詰め込まれたような印象を受けますが、白色の家具の場合、圧迫感が軽減されるため、実際は多少家具を詰め込んだレイアウトでもそこまでの圧迫感を感じさせません。

事例のように床も白色だとさらに広く見せる効果があるので、狭いリビングでは真似したいカラーコーディネートでもあります。

ベースが広く感じるとレイアウトの幅も広がりますね。

細長いリビングのレイアウト方法

少し横幅の短いリビングですが、TVは壁掛けにしスペースを最大限確保し大きなカウチソファをレイアウトしています。

TVボードは意外とリビングのスペースを取ってしまっていることが多く、いっそのことTVを壁掛けにすると幅の狭いリビングでも有意義に過ごすことができます。

スペースが有効活用されるので、スタンド照明などレイアウトしても邪魔にはなりません。

リビングの主役をダイニングテーブルにしたレイアウト

12畳リビングのレイアウト

ダイニングテーブルがリビングのセンターという変わったレイアウトです。

普段はダイニングテーブルで談笑してくつろぎたいときは、後ろのソファに腰掛けるという生活スタイルになりそうです。

ダイニングテーブルで過ごすことが多いひとには意外とアリなレイアウトかもしれません。

ソファダイニングを作り込んでレイアウトする

12畳リビングのレイアウト

キッチンカウンター越しにL字に大型ダイニングソファをレイアウトしています。

ソファダイニングもこの事例くらい作り込むととてもオシャレですし、リビングとしても使うことができるのではないでしょうか。

大人数の来客にも対応できるし、これだけ広いソファだから寝転がることもできます。

事例のようにソファの後ろを飾り棚にしても良いですし、本棚にしても格好良さそうです。

スポンサードリンク



リビングスペースを最大限生かすためのレイアウト

キッチンは対面式ではなく壁付けにし、残ったスペースにもダイニングは作らずリビングのみにスペースを最大限活用しているレイアウトです。

ダイニングスペースを省いてリビングスペースで食事をとるようにすると、当たり前ですが広々としたリビングにすることができます。

事例でもダイニングスペースを省いたおかげでどっしりとしたソファをレイアウトしていても窮屈な印象がありません。

壁付けキッチンにして空間を確保する

前述した通り、一般的に対面キッチンにする場合4.5畳ほどのスペースが必要な為、12畳のリビングだと残りのスペースはたった7.5畳です。

それであれば、キッチンスペースを

家具とデザインを片面に寄せたレイアウト

ソファ以外の家具を全て片面の壁に集中させたレイアウトです。

収納関係やTVを全て一面に集中させそれらが馴染むようにタイル貼りの壁にデザインしています。

ボリュームが片面の壁だけに集中させデザインを統一させるとごちゃごちゃ感がなくなりスッキリとしたお洒落なインテリアになります。

0

狭いリビングでの飾り棚の作り方

飾り棚をつけたくても、その分スペースを使ってしまうため、リビングが余計に狭くなってしまうのでは?と二の足を踏んでいる人も大丈夫です。オープンシェルフタイプの飾り棚を壁付けにすれば、最低限のスペースでも飾り棚を取り付けることができます。

12畳リビングのレイアウトまとめ

リビング12畳という限られた空間では無駄なところにスペースを使いたくないと感じますが、その反面狭くても好きなインテリアにはしたいという気持ちもあるはずです。

あきらめないレイアウト方法はたくさんありますから安心してくださいね。
スポンサードリンク





-インテリア
-

みんなが読んでる人気の記事