タワーマンションは低層階の方が住みやすい!?高層階と比べてみよう

2017/11/28

街のランドマーク的存在になりやすいタワーマンションならできれば高層階に住みたいと思う人も多いはずです。

でもちょっと待ってください。

今検討しているタワーマンション、実は低層階の方が住みやすいかもしれませんよ。

タワーマンションでも低層階・高層階それぞれの最大のメリット

タワーマンションの高層階で何が良いのか、最大のメリットは下の3つ

  1. ステイタス感がある
  2. 眺望が良い
  3. 変なママカーストに怯えなく良い

スポンサードリンク



逆に低層階の最大のメリットは下の3つ

  1. 同じ設備なのに安い
  2. 安いのに供用設備が同じように使える
  3. 修繕積立金や管理費も安いことが多い

なんだ安いだけか、と感じられる富裕層であれば迷わず高層階でも良いかもしれません。

ただ、高層階のメリットはこれ以上は、それほどありませんが、低層階ならどんどん出てきます。

(まあ、蚊が入ってこない、風が良く通るなどはありますが・・・)

タワーマンションの低層階のメリット

高層階では感じられなかった低層階ならではのメリットをお伝えします。

  1. とにかく外に出るのが楽
  2. 忘れ物も怖くない
  3. 自分の家の明かりが外から見える
  4. 高層階と違ってさほど揺れない
  5. スマホの電波が安定している
  6. バルコニーに出ても怖くない
  7. エレベーターが各階に止まってもへっちゃら
  8. 万が一の災害時も安心して避難できる

低層階のメリットを一つずつ見ていきましょう。

1.2 とにかく外に出るのが楽、忘れ物も怖くない

①の「とにかく外に出るのが楽」これは想像以上にらくです。

部屋にこもるタイプの人であれば関係ありませんが、
「ちょっと出かけよう」が増えましたね。

コンビニが本当のコンビニエンス(便利)になりました。

財布を忘れても、鍵を閉めたかなと不安になってもすぐに帰れます。

3 自分の家の明かりが外から見える

仕事から帰ってくる人や子供は、③の「自分の家の明かりが外から見える」は意外と心が温まります。

家で誰かが待っててくれているというのが外からわかるというのは以外と心理的に嬉しいものです。

4 高層階と違ってさほど揺れない

また、逆説的ですが④のように低層階は、高層階のように簡単には揺れません。

高層階だと小さい地震でもよく揺れるので、苦手な人は体調が悪くなったり、酔ったりする人もいます。

5 スマホの電波が安定している

タワーマンション高層階で困ったことが、スマホのキャリアによっては電波状況が良くない事。

「このご時世繋がるでしょ」と考えていましたが、以外と電波状況が悪くなるタワーマンションが訪問した際にいくつかありました。

スポンサードリンク



6 バルコニーに出ても怖くない

高層階って意外と怖いんですよ。

高所恐怖症でなくても顔を出すとちょっとした絶叫感です。

最近では高層階で暮らしていて「高所平気症」という逆の感覚になってしまい、高所に対しての危機感がなくなってしまうという問題もあります。

7 エレベーターが各階に止まってもへっちゃら

タワーマンションの問題で多いのが、朝のエレベーター渋滞です。

複数機エレベーターが設置されていても、来ないときは全然来ません。

低層階ならいざとなれば階段から降りられます。

8 万が一の災害時も安心して避難できる

最後に住む上で安心して生活するというのは、根底にあるものだと思いますが、低層階であれば避難階段を使って安心して避難をすることができます。

子育て世代は選ぶタワーマンションを少し気を付けたい

タワーマンションカーストなるものが巷では言われているが、都心のタワーマンションはそれほどご近所付き合いがないため、挨拶程度の関係も多い。

むしろ、マナーがしっかりしている人の方が多い。

ただ、子育て世代ではママカーストが別で存在する事もあるので、学区はどうなのか、私立が多いのかなどを確認した方がよいかもしれません。

巻き込まれなければ大丈夫です。

タワーマンションは低層階の方が住みやすい!まとめ

タワーマンションの眺望を見飽きちゃうことがあっても、生活の楽さは変わりません。

おじいちゃんおばあちゃんになってもステイタスにこだわる人は少数派。

限られた予算で自分の住みたいマンションを見つけることはとても難しいことです。

タワーマンションの高層階ステイタス感はいらない、欲しいのは豪華な設備だったり、サービス、立地という方なら、タワーマンションであっても迷わず低層階を選ぶべきだと思います。
スポンサードリンク



-マンションの事

みんなが読んでる人気の記事