1Kインテリアのレイアウト【センスが良いと思われるオシャレな部屋】

1Kの賃貸物件で一人暮らしをする場合、家具の配置に悩むことはありませんか。そこで限られたスペースを活用したセンスのよいインテリアのポイントをご紹介します。
スポンサードリンク



1K一人暮らしで必要な家具を考える

1Kはワンルームと異なり、居室の他にキッチンスペースがあります。キッチンはだいたい4.5畳ほどの空間ですが、玄関とトイレやバスルームの扉などがあるため、家具はさほど置けません。実質的に家具はほとんど居室に置くことになるでしょう。

限られた空間をオシャレにレイアウトするためには、一人暮らしに必要な最低限の家具を置くことが必要です。好きな家具だからといって詰め込んでしまうと、雑然とした部屋になってしまいます。そこで最初に、自分が必要と思う家具がどのようなものか考えてみましょう。

たとえば寝具はベッドかふとんか、テーブルはローテーブルかダイニングテーブルかなど選択肢がいろいろとあります。収納家具もオープン式か扉付きのものか、さらにどのようなものを収納するのかによって必要なサイズも変わります。

普段はローテーブルの前で床に座るのか、あるいはソファやダイニングチェアに座るのかによっても、選ぶ家具は違います。自分の生活スタイルを考えて、必要な家具を考えてみましょう。

部屋の広さから考える置ける家具の量

1Kの居住スペースで一般的に多いのは、6畳から7畳、広くて8畳といったところでしょう。ここに置ける家具の量を最初に決めます。まず部屋の中を移動するための生活動線として、だいたい60cmほどの通路を確保します。

残りの空間にどの量の家具を置けるのかを考えましょう。まずベッドとTV(テレビ)ボード、服を収納するチェストやクローゼットを置くとすれば、あとはテーブルと椅子、あるいはソファを置けば空間は埋まるのではないかと思います。

1Kでのレイアウトの考え方

1Kはダイニングスペースには実質的に家具はあまり置けません。そこで居室に全ての家具をレイアウトすることになります。

家具を置く場所は両側の壁と出入り口のドアの横、さらにベランダに出るサッシの左右です。もちろん室内に備えられた収納の前には家具を置くことはできません。この限られたスペースにどのように手持ちの家具をレイアウトするかがポイントになります。

まず大きなサイズのベッドやソファ、テーブルなどを配置して、次に収納などの小型の家具を空いたスペースに埋めるように置いていきます。その収納家具の使い勝手が悪くならないように配置を考えることが大事です。さらに室内を移動するためのスペースも確保しなければなりません。

ベッドレイアウトが1Kインテリアの要

1Kのレイアウトで要となるのがベッドの置き方です。部屋の出入り口からベランダにかけて縦に長い部屋の例で考えてみましょう。ベッドは出入口からベランダにかけて縦に置くケースと横に置くケースに分かれます。

縦に置く場合、片方の壁に寄せるので反対側の壁に他の家具を並べる配置になります。TVボードや収納家具を置いてソファとの間にローテーブルを置くか、あるいは壁側に小さなテーブルとチェアを置くスタイルになるでしょう。

ベッドを横向きに置く場合、ベランダのサッシ側に寄せる形になります。この場合、ベランダへ洗濯物を出すのに不便ですが、室内の空間を広く確保できます。ソファも置くことができますし、リラックスできる空間を確保することができるでしょう。

もし部屋がベランダに対して横長であれば、ベッドを壁側に置いても反対側の壁との間を広く確保できます。ただし壁のスペースはあまり広くないので、置ける家具は制限されます。

TVボードのレイアウト

TV(テレビ)ボードは通常、壁に寄せる形で配置します。その反対側にベッドを置けば、その間に座るスタイルになります。TVボードの前にローテーブルを置いて食事をしたり本を読んだりする生活スタイルになるでしょう。

もしベッドをベランダのサッシ側に横向きに置けば、TVボードの反対側にソファを置くことができます。床に直接座るよりもゆったりとソファに座って室内で過ごしたい人は、このようなスタイルになるでしょう。

もし部屋の出入り口のドアが片方の壁に寄っていれば、出入り口近くにベッドを横向きにすることもできます。その場合、ベランダ側の角に斜めにTVボードを置くこともできます。大型テレビで迫力ある画面を楽しみたいという人は、このスタイルにすればテレビまでの距離を取ることが可能です。

収納家具のレイアウト

1Kの部屋には収納スペースはあまり確保されていないものです。洋服を収納するクローゼットがひとつ備わる程度なので、他に収納家具が必要という人も多いでしょう。

収納家具はチェストやシェルフ、クローゼットなどがあります。配置する場所は必然的に壁側になるでしょう。レイアウトのポイントは、背の高いクローゼットやシェルフは座った位置から視界に入らない後ろ側の壁側にすることです。圧迫感を感じないようにするためですが、ベッドと収納家具を並べて置けるかどうかがポイントです。背の低いチェストはTVボードなどと並列して置くとよいでしょう。

スポンサードリンク



狭い1K部屋での家具の選び方

1Kのように狭い部屋をオシャレにするためには、家具の選び方を工夫する必要があります。大事なことは家具の質感と色を同じようなものにして統一感を出すことと、その他にアクセントカラーとなる家具をひとつ選ぶことです。

家具の材質には木製やスチール製などいろいろありますし、その印象も異なります。ナチュラルで落ち着ける部屋にするのであれば木製家具を、シンプルでスタイリッシュにするならばスチールなどの金属を使った家具を選びます。

また色はできればホワイト系の明るいカラーにすることで狭い空間を広く感じるようになります。ただし同じ色で統一してしまうとメリハリがなくなってしまうので、同系色で少し違う色合いの家具を選ぶとオシャレな雰囲気になるでしょう。

アクセントカラーとなる家具は、お気に入りの家具にすればよいと思います。チェアであったりソファであったり、あるいはチェストでも構いません。色も赤や青などインパクトのあるものにすると部屋の雰囲気を引き締めてくれます。

また床に座るスタイルであればできる限り背の低い家具を置くと圧迫感がなくなります。テーブルとチェアというスタイルであれば、収納は背の高いシェルフを置くとオシャレに演出できます。

1Kで置けるソファは?

ベッドをベランダと水平に横向きに配置すれば、壁と壁の間を広く確保できます。そうすれば片方の壁側にソファを置けるようになります。狭い1Kに置くとなればコンパクトなソファを選びたいものですが、他の家具によっては余裕を持って大きめのサイズも置けます。

収納家具を多めに置く場合には一人用のコンパクトなソファになると思いますが、そうでなければ横にもなれるような2人掛けのものでもよいでしょう。

ポイントは自分で座って心地よいものを選ぶことです。ソファベッドや収納付きなどの機能性よりも、純粋に座り心地の良さで選ぶとよいでしょう。というのも、部屋にいる間の多くは、そのソファに座って過ごすことになるからです。

1Kで快適に暮らす方法

1Kで快適に暮らすポイントは、自分が長く過ごせる場所を作ることです。床に直接座るスタイルであれば、背の低い家具で統一するとよいでしょう。さらにローテーブルで食事や勉強なども行うことになります。

部屋で仕事や勉強をすることが多い人であれば、コンパクトなテーブルとチェアを置くとよいでしょう。その場合、座り心地の良いお気に入りのチェアを選ぶことがポイントです。

ゆったりとソファに座ってリラックスした時間を過ごしたいのであれば、ベッドはベランダ側に横に配置することになります。このように自分の生活スタイルに合う居場所を作ってから、他の家具の配置を決めると快適に暮らすことができます。

1Kインテリアのレイアウト【センスが良いと思われるオシャレな部屋】まとめ

1Kインテリアのレイアウトをオシャレに見せる方法で大切なことは限られた空間の中でどの家具を選び、どうレイアウトするかです。

家具の種類に対して、高さや色などに注意して目線に気を配ることで、狭い1Kのお部屋でも快適にオシャレなインテリアにすることができます。

スポンサードリンク



-インテリア, 一人暮らし

みんなが読んでる人気の記事